ETCカード比較

ETCカードガソリン代お得?割引比較【口コミあり】

イメージ

イメージ

JCBドライバーズプラス

ガソリン代・高速利用料の二つが割引対象に!よく車に乗る人に注目されるカードです!

下向きの矢印↓

イメージ

イメージ

ENEOSカードS

年会費が実質無料で、ガソリンもリッター2円引き!ロードサービスが無料で人気があります!

下向きの矢印↓

イメージ

イメージ

NTTグループカード

ETCカードランキング上位の常連ながら、発行スピードも速い!ETCカードが早く欲しいなら

下向きの矢印↓

ガソリン代をお得にできるETCカード

ETCカードというのは、当然ながら車に関連するカードになります。

それに伴って、各社がロードサービスの充実、ETC利用料金の割引、それに伴うポイントの付与など、各種恩恵の大きなサービスを展開しています。

その中でもダイレクトに恩恵を体感しやすいのがガソリン代の割引になります。

ガソリンというのは、一度使ってしまえばそれで終わりではありません。

また補充をして、車を動かす。

当然の事を言っていますが、そのたびに費用が掛かっているという事を絶対に忘れてはいけません。

1円でもお得に利用する。

そのためにETCカード機能を持ったクレジットカードを上手く使いこなしていく。

こういった姿勢が重要になってきます。

ETCカードの中でも、特にガソリン価格に考慮した仕組みを採用しているのが、ENEOSカードと出光カードまいどプラス、JCBドライバーズプラスカードになります。

当サイトでもこの3つを詳しく解説していますが、その中でも特に恩恵が大きくなるのは、JCBドライバーズカードになります。

しかしJCBドライバーズカードはあくまでも、そのカードをメインに使った上で、毎月の利用金額に応じて割引率が変化するという仕組みが採用されています。

逆に言うと、ガソリン代でしか使わないという人には、あまり大きな恩恵を得られないのです。

もちろん、メインで使うという場合には、上記3択の中ではJCBドライバーズカードが一押しの存在になります。

そうではなく、そもそもクレジットカード機能自体をあまり使う事がないという方には、ENEOSカードSや出光カードまいどプラスのように、ダイレクトに割引をしてくれるカードがおすすめです。

カード自体はよく使うけど、JCBドライバーズカードは分かり難い。

こういった方にはENEOSカードCのように、同じように使い続ける事でグレード(割引幅)はアップするという選択肢もあります。

こちらも使えば使うほど、割引金額が大きくなる仕組みが採用されていますが、JCBドライバーズカードほど複雑な内容にはなっていません。

また、ガソリン代特化型のカードではないものの、NTTグループカードという選択肢もあります。

こちらのカードにも、出光のガソリン代をキャッシュバックできる仕組みが採用されていますので、メインのカードに据えれば大きな恩恵を受ける事ができます。

ここまで説明したカードの中で、一番利便性が高くなっているのが、NTTグループカードです。

仕組み自体は非常に分かり辛いカードではあるのですが、ガソリン代の還元率も何気に大きく、そして普段使いのカードとしてもポイント特典が大きいのです。

ETCカード一覧からおすすめを一枚選ぶなら