ETCカード比較

ETCカードマイル貯まる?おすすめ比較

イメージ

イメージ

ANAカード

ANAマイルもSuicaも貯められるカード!関東圏の会社員の方を中心に人気があります!

イメージ

イメージ

ANA AMEXカード

手荷物無料配送や空港ラウンジが使えます!飛行機に乗る機会が多い方をサポートしてくれます!

イメージ

イメージ

JALカード

JALカードもマイルが貯まりやすくて人気です!PASMOオートチャージ対応カードも!

イメージ

イメージ

ANAカード

ANAマイルもSuicaも貯められるカード!関東圏の会社員の方を中心に人気があります!

イメージ

イメージ

ANA AMEXカード

手荷物無料配送や空港ラウンジが使えます!飛行機に乗る機会が多い方をサポートしてくれます!

イメージ

イメージ

JALカード

JALカードもマイルが貯まりやすくて人気です!PASMOオートチャージ対応カードも!

下向きの矢印↓

マイルがたまりやすいETCカードは?

ETCカードのなかには、貯めたポイントを航空会社のマイルと交換できるサービスを行っているものがあります。
それを利用すれば、飛行機に乗ることなく、陸上を走っているだけでマイルを貯めることができるのです。
ですから、サービス内容をよく確認して、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことで、上手な使い方をしていくのがいいでしょう。
なかには年会費が無料のものもあるので、必要なときだけ利用して、あとはしまっておいても費用がかからない使い方もできるのです。
たとえば、JALカードにもETCカードを付帯できるものがあります。
これを持っておけば、高速道路の割引サービスを受けることもできますし、空を飛ばなくてもマイルを貯めることができます。
そのポイントで、今度は飛行機を利用するときに割引サービスが受けられたりするのです。
クレジット機能を利用すれば、インターネットショッピングや普段の買い物などにも利用できるのが特徴です。
色々な場面で使うことができる1枚だと言えるでしょう。
また、ANAならばANA AMEXカードがオススメです。
アメリカンエキスプレスということで年会費が少し高めに設定されていますが、ETCカード付きのものは、年に1回でもETCを利用すれば、翌年の年会費が無料になるというサービスがついています。
ですから、車をよく利用する人にとっては、初年度分だけ支払えば、実質0円だと言うこともできるでしょう。
ステイタスとして持っておくこともできますし、マイルも貯めることができるのです。
そして、ANAカードもETCカードが付いており、ポイントをマイルに交換することができます。
還元率が1パーセントということで、かなり貯めやすいことが最大の売りになっており、インターネットショッピングなどでもらったポイントで航空会社の割引サービスを受けることができるのです。
空の旅も楽しみたいという人にとっては、自動付帯保険がついていることもお得な点だと言えるでしょう。
最高で2000万円までの海外旅行傷害保険が自動でついてくるのです。
ほかにも、オリコUPty iDでもETCカードを利用したときにもらえるポイントをマイルに交換することができます。
航空会社によって交換比率に差がありますが、そのまま飛行機のチケット代金に使うこともできますし、いろいろな商品と交換することが可能になっているのです。
オリコUPty iDは電子マネーが搭載されていることで評価が高く、おサイフケータイの代わりとしても利用できるのです。
ネットショッピングなどでもポイントが貯まりやすいのもお得な点だと言えます。

ETCカード一覧からおすすめを一枚選ぶなら