ETCカード比較

ETCカードでショッピングは?使えるおすすめを紹介

イメージ

イメージ

楽天カード

楽天カードは、楽天市場はもちろん関係ないお店で利用しても1%分のポイントが貯まります!

イメージ

イメージ

三井住友VISAカード

特徴がないとおもっていませんか?ネットの協賛店が多くポイントアップが狙いやすいんですよ!

下向きの矢印↓

イメージ

イメージ

イオン首都高カード

首都高だけでなくイオンカードだから普段のお買いものもお得になるスグレモノの一枚です!

下向きの矢印↓

ショッピングでもお得なETCカード

ショッピングでもお得に利用できるETCカードとなると、やはり代表的な存在がイオン首都高カードです。

名称こそイオン“首都高”カードとなっていますが、その内容としてはイオンカードと同様に、5%引き、などの恩恵を得られる内容になっています。

代表的なイオン首都高カードの特典

お客さま感謝デー

前述したように買い物金額が5%OFFになる。

毎月20日、30日が対象日。

同じ系列であれば対象になるので、マックスバリューやメガマートでも5%OFFが適用される。

お客さまワクワクデー

毎月5の付く日はわくわくポイントとWAONポイントが2倍に。

TVCMでも御馴染みの特典。

リボときめき5倍デー

毎月5の付く日の系列各店での買い物をリボ払いにした場合、わくわくポイントが200円あたり5Pになる。※通常は1P


あらゆるカードの中で、実はイオン首都高カードが一番直接的な恩恵が大きくなっているのですが、実店舗ではなく、ネットショッピングがメインになっている方には、やはり楽天カードがおすすめです。

通常は100円に付き1Pの付与ですが、楽天カードを持っているだけで、楽天ショッピングモールでの買い物が2倍になります。

さらに楽天グループが展開しているポイント倍増サービス等も活用する事ができるので、楽天をメインに使っている方にとっては、面白いほどポイントが貯まっていくかと思います。

逆に楽天はあまりメインで使わないという方には、ライフカードのように「独自のショッピングモール」を運営している会社がおすすめです。

一度ライフカードの公式サイトをチェックし、そこから各ネットショップにアクセスしていく必要はありますが、それだけでポイント2倍、5倍といった恩恵を受けられるようになります。

この他のカードで・・・という事になると、やはりメインで使う事によって、初めてポイントの恩恵は大きくなっていきます。

どのカードも独自のポイントシステムを採用していますが、貯まり難くなってしまう一番の元仁が利用カードの分散です。

セキュリティという意味においては、こうした利用方法も最近では推奨されている部分があるのですが、ポイントを貯めるためにはやはり一元管理がおすすめ。

そうでないのであれば、今回ご紹介したようなショッピングに特化しているカードを選択していくのがベストな選択になるかと思います。

オリコや三井住友VISAカードもおすすめではあるのですが、リボ特化型の場合は、ショッピング自体はお得になるものの、たくさん使わないと恩恵が薄くなってしまうケースも多いため、使いすぎないように注意しておきましょう。

ETCカード一覧からおすすめを一枚選ぶなら